経営|横浜で顧問契約250社以上。信頼と実績のひぐち税理士事務所

横浜ひぐち税理士事務所
お問合せフォーム(横浜ひぐち税理士事務所)
経営

経営について

経営

経営とは、事業目的を達成するために、継続的・計画的に意思決定を行って実行に移し、事業を管理・遂行することです。(出典:コトバンク)

では、「事業目的は?」「経営理念は?」「夢は?」「3年後、5年後にどうなりたい?」と問われた時に、明確な回答が行えますか?具体的な数字がありますか?実際に行動していますか?

開業当初は行えていても、継続的・計画的に行うことは中小零細企業にとって非常に難しいことだと感じています。


その最大の理由は、経営が社長のモチベーションに依存しており、かつ、社長を管理する人が社長自身であるケースが圧倒的に多いためです。

このような状況から脱却するためには、パートナーと思いを共有することによりモチベーションを保ち、

中期経営計画の作成とそのモニタリング(定期チェック)を行うことにより、継続して改善計画を実行していける仕組みづくりが大切です。

リスクマネジメント

業績悪化リスクを減らすためには、起こりうる出来事を想定してそれに備えなければなりません。
例えば、このようなリスクに対する備えは出来ていますか?

1 社長が病気で1ヶ月働けなくなった
2 主要顧客との取引がなくなった
3 売上代金が回収できなくなった
4 顧客に損害を与えた
5 元従業員に未払残業代を請求された

安定経営を継続していくためには、「影響が大きいリスク」「発生頻度が高いリスク」を回避または低減するための改善策を実行し、潜在リスクが現実のものとなった場合の対応策を考えておく必要があります。

経営計画書作成サポート

「3年後、5年後、10年後にどうなりたいのか」
「そのためには1年後、2年後にどうなっていなければならないのか」


トップダウンで作成し、数値化したものが経営計画書です。

経営計画書を作成すると、このようなメリットがあります。

1 自分の考えが整理される
2 自分の考えがパートナーや従業員と共有できる
3 目標と現在位置が確認できる
4 目標に向けてやるべき事が明確になる
5 やるべき事の期限と責任者が明確になる


中小企業庁が発表している「小規模企業白書」によると、経営計画の作成による「気づき」が、顧客への売り込みの精度を高めることにつながり、約90%の経営者が売上は増加すると回答しています。

また、10年間で約30%の中小企業が廃業しているなか、継続的な安定経営を行うために大切なことは「深く考える」「気づく」そして、効果的に「実行する」ことです。

弊社では「考えるセミナー」や「中期経営計画作成セミナー」を通じて、深く考える時間を提供しております。

また、「経営計画書を作成したいが、どうやって作成したらよいか分からない」という場合には、計画書が完成するまでのお手伝いをしております。

やる気に満ちあふれた経営者からのご連絡をお待ちしております。

モニタリング(定期チェック)

経営計画書を作成しても、計画を実行しなければ意味がありません。また、計画どおりに物事が進まないことも多々あると思います。

大切なことは、定期チェックを行うことにより、「なぜ計画どおりにならなかったのか?」「これからどうしたら良いのか?」を深く考え、継続して計画を改善していくことです。

弊社モニタリングサービスは「定期チェック」と「改善計画の作成」を、経営者と共に行っていくサービスです。

利益確保コンサルティング

必要利益を確保できなければ、次第に会社存続が危うくなります。では、自社の必要利益はいくらでしょうか?必要売上はいくらでしょうか?

このままの状態だと何ヶ月で会社存続が危うくなりますか?自社のことでも意外と把握しておらず、支払いが滞るようになってから慌てているケースも多々ございます。

利益確保コンサルティングでは、はじめに過去分析と現状分析を行います。その分析結果に基づき、即効性・確実性の高い「支出削減」に取り組みます。

支出が減ることにより必要利益や必要売上の目標値が低くなり、目標達成の可能性が飛躍的に高まります。

売上の構成要素である「集客」・「単価」・「数量」・「リピート率」・「固定化率」・「頻度」などを分析し、目標達成のためのアクションプランを立案するためには、経営者だけでなくパートナーや従業員の協力が不可欠です。

弊社の利益確保コンサルティングでは、関係者からのヒヤリングを行うことにより、潜在している質の高いアクションプランを発掘し、早期の目標達成を目指します。

ある程度の資金が残っていないと、改善プランの選択肢が少なくなりますので、お早めにご連絡ください。

利益確保コンサルティングの流れ

1. 現状把握 申告書控え・総勘定元帳により現状把握を行います。
2. 問題分析
経営者からのヒアリングにより問題点を分析します。
3. ヒアリング 
従業員からのヒアリングにより改善のヒントを探ります。
4. 改善提案
必要利益を確保するための改善策をご提案いたします。
5. 改善実行 改善策の中で優先順位の高いものから実行していきます。

利益確保コンサルティングの料金

基本料 3〜5万円
月額 2〜5万円

このページの先頭に戻る

お問合せフォーム(横浜ひぐち税理士事務所)