建物付属設備|横浜で顧問契約200社以上。信頼と実績の横浜ひぐち税理士事務所

横浜ひぐち税理士事務所
お問合せフォーム(横浜ひぐち税理士事務所)
少しずつ解る勘定科目(建物付属設備)(横浜ひぐち税理士事務所)

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今週の一言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・内部造作の耐用年数は何年?

━◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  勘定科目の解説(有形固定資産:建物付属設備)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・建物に固着している設備をいいます。
(例)電気設備、給排水設備、空調設備、エレベーターなど

━◇◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  勘定科目のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・取得価額、耐用年数を正確に把握する必要があります。

<取得価額>
固定資産の取得に関連して支出した金額(本体価格+付随費用)

<耐用年数>
減価償却費の計算基礎となる年数。資産の構造と用途毎に定められています。

<減価償却>
価値の減少分を耐用年数により、費用として配分する会計上の手続き。

━◇◇◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  勘定科目と消費税
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・建物付属設備の引渡しを受けた時に、消費税を控除できます。

━◇◇◇◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  税務調査のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・取得価額に付随費用は含まれているか
・耐用年数は、構造・用途に応じた正しい年数を選択しているか
・減価償却費の計算には、届出た方法を使用しているか

━◇◇◇◇◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  節税ヒント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・減価償却費の計算の基礎となる耐用年数は、資産の構造と用途毎に
定められていますが、合理的に見積もった年数によることもできます。
・したがって、3年ごとに改装工事を行う場合の耐用年数は3年となります。

このページの先頭に戻る

お問合せフォーム(横浜ひぐち税理士事務所)