繰延資産|横浜で顧問契約200社以上。信頼と実績の横浜ひぐち税理士事務所

横浜ひぐち税理士事務所
お問合せフォーム(横浜ひぐち税理士事務所)
少しずつ解る勘定科目(繰延資産)(横浜ひぐち税理士事務所)

━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今週の一言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・繰延資産には、種類ごとに様々なルールがございます

━◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  勘定科目の解説(繰延資産)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・繰延資産とは、支出の効果が1年以上に及ぶものをいいます。
・法人税法上の繰延資産は、大きく分けて下記の2つに分かれます。

旧商法上の繰延資産(創業費・開業費・試験研究費・開発費など)

その他の繰延資産(賃貸借の権利金・加入金・広告宣伝用資産の贈与など)

━◇◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  勘定科目のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・繰延資産は「資産」ですので、取得価額を正確に把握する必要があります。
・旧商法上の繰延資産は、原則として随時償却(いつでも償却可能)です
・その他の繰延資産は、項目毎に償却期間が定められています

━◇◇◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  勘定科目と消費税
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・繰延資産の種類によっては消費税が課税されておりませんが、
課税されているものは、資産計上時に消費税を控除します。

━◇◇◇◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  税務調査のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・繰延資産とすべきものを、費用に計上していないか
・繰延資産にできない部分を、繰延資産としていないか
・繰延資産の償却期間は正しいか

━◇◇◇◇◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  節税ヒント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・旧商法上の繰延資産は、原則いつでも償却可能です。

このページの先頭に戻る

お問合せフォーム(横浜ひぐち税理士事務所)