経営者の基礎知識 その5|横浜で顧問契約200社以上。信頼と実績の横浜ひぐち税理士事務所

横浜ひぐち税理士事務所
お問合せフォーム(横浜ひぐち税理士事務所)
経営者の基礎知識その5(横浜ひぐち税理士事務所)

売り上げを作る事が最大のテーマ

売上をどう作るのか?これが最大のテーマです。売上をどう作るのか=お客様をどう作るのか?です。今のお客様を作るにはどうしたらいいか?これも、考えることが必要。

でももっと必要なことは、3年先、5年先を見越して、今、どういう手を打っておくかが、必要なのではないかと思うのです。これは経営者にしか意思決定のできないことです。先を見越す勉強をしなければなりません。それは、情報をどう掴むかが必要です。その情報の掴み方も勉強です。

多くの情報を掴むために、多くの本を読む。そして、自らが立っている業界の情報も掴まなくてはなりません。遊ぶときも、常にそのことが頭にあることが必要です。

自社の商品、製品、サービスについて、他社と何が違うのかを考える

それから、もう1つ。自社の商品、製品、サービスについて、他社と何が違うのか?を考えることも必要です。
そして、次の商品開発をするための情報を掴むことも必要です。当たり前の話ですが、商品、製品、サービス、即ち、売るものがないと、売上は伸びてはいきませんから。

経費で重要なのは人件費

経費の勉強は、節約するにはどうしたらよいか?ということですからいつでもできます。その経費の中で唯一、重要視しなければならないのが、人件費です。

最初は、1人で始め、家族を入れ、そして、他人を雇うというのが、中小企業の多くのパターンです。他人を雇ったときに、その他人の志気を上げる、もしくは、維持するためには、何をしたらいいかを学ぶことだと思うのです。

私は、まず、目的の明確化をうたうべきではないかと思います。要するに、将来を明文化すべきだと思うのです。それは、経営者自身が将来に対して強い思いがないとできないと思うのです。

このページの先頭に戻る

お問合せフォーム(横浜ひぐち税理士事務所)