税金申告|横浜で顧問契約250社以上。信頼と実績のひぐち税理士事務所

横浜ひぐち税理士事務所
お問合せフォーム(横浜ひぐち税理士事務所)
税金申告

税金申告について

税金申告

「誰がやっても同じ税金になるの?」答えはYESでもありNOでもあります。

決算日を過ぎてしまい税金申告のタイミングになると、税金を減らす方法は限られてきます。ただし、全く方法が無い訳ではありません。

例えば「経費の見直し」「未払費用の見直し」「固定資産や繰延資産の見直し」を行うだけでも、税金を減らせるケースは多々ございます。

また、税理士でも失念しているケースがある、各種の税額控除をきちんと適用することにより税金は減らせます。

主な税額控除

機械、備品、ソフトウエア、車両を購入又はリースした場合 中小企業等投資促進税制
経済産業省令定められた先端設備を購入又はリースした場合
生産性向上設備投資促進税制
製造、改良、考案、発明などの試験研究を行っている場合 研究開発税制
雇用者が増加した場合 雇用促進税制
給与支給額・平均給与支給額が増加した場合
所得拡大税制

税金申告の料金

 料金表はこちらです。 → 料金表

税金のセカンドオピニオン

「もっと税金が安くなる方法を知りたい。」「もしかしたら税金を払い過ぎているかも・・。」

このような場合には、弊社のセカンドオピニオンサービスをご利用ください。
お預りする資料を様々な視点で分析し、報告書を作成いたします。

セカンドオピニオンの流れ

1. 現状分析 申告書控え・総勘定元帳により現状分析を行います。
2. ヒアリング ヒアリングにより節税のヒントを探ります。 
3. 節税提案 税務調査で否認されない節税策をご提案いたします。

セカンドオピニオンの料金

基本料 3〜5万円
成果報酬 単年節税額×50%

このページの先頭に戻る

お問合せフォーム(横浜ひぐち税理士事務所)